沿革History

昭和43年 豊田市宮上町にて、佐原 斉が近藤 正彦と共に制御装置の製造・販売を目的として営業を開始する。
昭和44年 資本金400万円にて東海オートメーション株式会社を設立。代表取締役に佐原 斉が就任。
近接スイッチ、HS-0~HS-4型を開発、販売開始。
昭和45年 トヨタ自動車株式会社上郷工場鋳物製造ラインの設備工事に参画。
昭和46年 名古屋市瑞穂区に近接スイッチ及び制御部品販売会社 名古屋テック株式会社を設立。
昭和49年 NC制御装置設計製造開始。
昭和56年 産業ロボット制御装置設計製造開始。
昭和58年 東京都品川区五反田に東京営業所を開設、関東拠点の営業面充実化を図る。
昭和59年 資本金を1,200万円に増資する。
昭和60年 汐見工場(現本社工場)落成(1,221㎡)、生産効率を一層高める。
昭和63年 資本金を3,000万円に増資する。
汐見工場を増築し、本社所在地を同所に移転登記。
平成3年 豊田市久岡町に社員寮完成。
豊田工機株式会社様(現 株式会社ジェイテクト様)より、豊田工機品質管理賞受賞。
平成17年 「ISO9001」ならびに「ISO14001」を取得。
本社社屋増築(1,249.46㎡)。
平成21年 佐原 俊洋 代表取締役就任。
平成24年 本社に営業部を開設。製販一体による社内体制の強化を図る。
平成26年 制御盤内撹拌ファンの製造・販売開始。
平成28年 柿本工場開設。
平成30年 創立50周年。中期経営計画開始。